読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【プロレスラー】ドインク・ザ・クラウン

【プロレスラー】ドインク・ザ・クラウン

f:id:crownpierrot:20170228170840j:plain

■ドインク・ザ・クラウンとは

マット・オズボーン(オリジナル・ドインク・ザ・クラウン)

【ピエロ】をモチーフとしたアメリカのプロレスラーです。

ミッドサウス・レスリングやWCWでも活躍し、

WWEでは1990年代初期に
道化師メイクを施し強烈な個性をはっきしていました。

ニックネームは

・邪悪のピエロ
・地獄の道化師

日本ではゴリラ男2世と呼ばれていました。

 

■ウキペティアより

1992年末にWWFと再契約し、翌1993年1月より、ピエロの扮装とフェイス・ペイントを施したヒール、ドインク・ザ・クラウン(Doink the Clown)に変身して『マンデー・ナイト・ロウ』に出現。登場当初はリングサイドや花道に現れて観客を相手に悪ふざけをするだけだったが、次第にベビーフェイスの試合に干渉するようになり、子供に人気のあったクラッシュとの抗争がスタート[1][19]。4月4日の『レッスルマニアIX』では2人目のドインクに扮したスティーブ・カーンの介入でクラッシュから勝利を収めた[1][20]。ジェリー・ローラーとも共闘し、8月30日の『サマースラム1993』では当時ローラーと抗争していたブレット・ハートと対戦[21]。この試合での敗戦によりローラーと仲間割れしてベビーフェイスに転向するも、薬物(コカイン)の乱用が発覚して1993年末にWWFを解雇された[2]。以後、ベビーフェイス版のドインク・ザ・クラウンはスティーブ・ロンバルディなどのジョバーが扮することとなった[2]。

2013年6月28日、テキサス州プラノの愛人宅にて遺体で発見された(死因は不明)55歳没。

引用:ウキペティア

1993年ドインク・ザ・クラウンデビュー映像

WWF(WWE)