清水新也のプレシャスパーク

こちらはぴえろ作家、清水新也のプレシャスパークという作品です。

f:id:crownpierrot:20170306095105j:plain

f:id:crownpierrot:20170306095113j:plain


油彩作品で真作保証書です。

2017.2頃9万円以上で落札されました。

清水さんらしくとても色彩豊かで素人目にも花畑の奥行が素晴らしく、
ぴえろの男の子と女の子もかわいいです。

【 作家名 】  清水新也
【 作品名 】  プレシャスパーク
【 技法 】     キャンバスに油彩
【 制作年 】  2003年
【 サイン 】   額裏にサイと共シール、キャンバス裏に署名・題名
【 画寸 】     45.5×38cm(F8号)
【 額寸 】     61.5×54cm
【 額装 】     ガラス入りシルバー系フレーム
【 状態 】     問題なし
【 付帯品 】  弊社真作保証書、黄袋、さし箱

清水新也『夢風船』

f:id:crownpierrot:20170306095009j:plain

f:id:crownpierrot:20170306095016j:plain

清水新也『夢風船』
 
・作品サイズ:23×16cm
・額のサイズ:縦40×横32cm
・年末徳島そごう百貨店チャリティー購入品
・購入価格8万円

2017.2月現在2万円で落札されました。

清水新也さんの淡くカラフルなピエロの絵です。

■清水新也とは

ぼくは、ぴえろに魅せられて描き続けています。
ぼくのぴえろは道化師ではなく、子供の象徴です。

みなさんは、あの、こぼれ落ちる涙から、喜び、悲しみ、夢と希望、怒り、憂鬱を思いおこすことでしょう。
それは、大人になった私たちの心の中にある気持ちです。
その中で、僕が表現したいのは夢です。
 幼いころ、誰もが持っていた、純粋な夢と希望。大人になっていくうちに、いつの間にか、どこかに捨ててきてしまっていませんか。 キャンバスの片隅に、必ず登場する自転車は、童心に返るためのタイムマシーンのようなものです。
それに乗って、いつでも童心に返れるようにという願いがこめられています。
 夢だけでは生きていけないというけれど、心の中にしまいこんだ、童心に出会えたら、もう一度、純粋な夢と希望を持つことの素晴らしさを思い出すのではないでしょうか。

 夢を捨ててしまった人たち、忘れてしまった人たちに、もういちど夢を持ってもらいたい。これがぼくの、ぴえろに託した願いです。

■略歴

1968年 徳島に生まれる
1985年 フランス展入選
1988年 サロン・ド・パリ会員
1991年 名古屋芸術大学卒業 渡仏
1992年 パリ国立シャガール美術館協会会員
1996年 サロン・ド・プランタン正会員(仏) アンデ・パンダン展出品
1997年 地球と子供たちの未来のために ユニセフ支援の個展活動開始
2000年 ベルギー国際現代芸術アカデミーグランプリ銅賞受賞
2003年 カンヌ国際栄誉グランプリ金賞受賞 国際芸術グランプリフランス銅賞受賞
2004年 第10回フランス国際芸術サロン展特別賞受賞
2005年 スペイン・バルセロナ国際サロン展特別賞受賞 フランス絵画彫刻国際展プロヴァンス賞受賞
2006年 サロン・ド・プランタン特別賞受賞 現在、東京、大阪、名古屋など全国主要百貨店で個展開催中 東京都港区在住

引用:http://atelierpierrotsince1987.com/profile.html

とご本人のHPにも書かれている通り、清水さんは『道化師』ではなく『ぴえろ』を描き続けている方です。
HPのギャラリーを拝見させていただいてもとってもかわいい絵が多いです。

【夢を捨ててしまった人たち、忘れてしまった人たちに、もういちど夢を持ってもらいたい】

とても胸に響きました。

 

広告を非表示にする

アルプス製 1950年代製 伸縮ピエロ

アルプス製 1950年代製 伸縮ピエロ

f:id:crownpierrot:20170306094802j:plain

・1950年代 アルプス商事製
・サイズ:全長24cm

2015.3時点で

落札価格 31,800円 でした。

■状態説明

数多くのコレクター本で紹介される1950年代アルプス商事製の名品伸縮ピエロの大変珍しい別バージョンです。

ゼンマイを巻くとステッキをクルクルと回しながら顔を左右にブルブルと振って首元の鈴の音を響かせ、足を上下に伸び縮みさせて振動アクションで移動します。

手はセルロイド製、お顔や足はブリキ製です。靴にMADE IN JAPANの印があります。
鼻と耳は顔とは別のパーツがはめ込まれており、目尻の皺まで立体的で丁寧に作られています。

衣服には経年による汚れが若干ありますが、全体的に50年以上前のものとは思えない綺麗なコンディションです。

元箱は蓋部分が欠損しておりテープ補修がありますが稀少なものですので資料としてご活用頂ければと思っております。

現存数が少なく稀少なものですのでこの機会に是非ご検討下さい。

といった珍しいピエロ玩具です。

■まとめ

やはりこの時代のアルプス製の玩具はエネルギーが強いものが多いです。

表情がたまりません。

ちなみに

同じ商品でコンディションも近いものが

2016.1時点でも落札されており

f:id:crownpierrot:20170306094831j:plain

f:id:crownpierrot:20170306094841j:plain

f:id:crownpierrot:20170306094847j:plain

落札価格 54,000円 でした。

なぜかなと

思いましたら

こちらのタイトルが

『ALPS製ピエロのブリキ玩具箱付/人形/サーカス』

商品説明に

古い当時物、ALPS製ゼンマイ可動式ブリキ玩具「LESTER THE MECHANICAL JESTER」箱付きです。

となっていて

ALPS製、LESTER THE MECHANICAL JESTER

という英語が入っていました。

落札価格の違いは

久しぶりに出品されたのもあるでしょうが

それと

この英語を入れたことによるものなのかなとも感じました。

 

 

出前一丁のキャラクターがピエロにしか見えない

出前一丁のキャラクターがピエロにしか見えない

f:id:crownpierrot:20170306094519j:plain

■「出前一丁」とは

1968年に販売を開始して

長年愛されているインスタントラーメンです。

日清のHPによると商品コンセプトは

"一番搾りごま油"を使用。だから"香り新鮮ごまラー油。
「ごまみそ・とりしお・ごまとんこつ」新しい仲間も新発売「ごまのおいしさ広がります」。

というもの。

 


日本国内では

『しょうゆ味』が定番で
昔ながらの醤油味に特製のごまラー油が入ったラーメンです。

1995年からしばらくの間は
東日本のみ、ごまラー油をねぎ香味油に変更していたようです。
こうした地域で味をすこし変えるという所にも愛情をかんじてしまいますね。
(現在は昔ながらのごまラー油に戻っているようです)

その他の味

f:id:crownpierrot:20170306094545j:plain
出典:https://www.nissin.com/jp/news/364

出前一丁のキャラクターの名前と家族

出前坊や

といいます。

家族は

・出前パパ

 ・出前ママ

 ・出前ちゃん(妹)

・出前ばあちゃん

 という5人家族。

楽しいCMも多いです。

youtubeなどで見れます)

出前一丁のキャラクターがどうみてもピエロにしか見えない

 

さてここからが当ブログの本題なのですが

出前一丁のキャラクターが
どうみてもピエロにしか見えない

と昔から思っていたのですが

調べる機会が無い為、ほうちしていました。

f:id:crownpierrot:20170306094619j:plain

なにせこの顔です。

どうみてもピエロです。

さらに

少し前に発売された

速水もこみちさんが出前一丁のキャラにふんして

発売された

f:id:crownpierrot:20170306094638j:plain

こちらの商品では

もうまさに

ピエロです。

赤鼻が装着されています。

しかし

調べて結果

出前坊やはピエロではなく

ただの少年でした。